よくある初めての方向けの外為取引の情報では「マイナスになったケースではナンピンをして、ポジションのコストを小さくする」などと助言されているが実際にはそこには大きな危険性が待っています。キレイモ群馬は脱毛スリムアップジェル

まずは、ナンピンの原理に関して説明します。産業医 大阪 紹介 京都 神戸

一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。浮気調査の即日

$買いのためドル高になれば黒字が出るわけですが思っていたのとは逆に1ドル95円まで円高・ドル安に推移したとします。話題のダイエットサプリはどれを選ぶべき?

そのまま所有し続けたら損がなくなるまでには、5円分、円安が進まなければなりません。カルド神楽坂

投資家であれば、損失は早急にリカバリしたいと願うだろう。ロスミンローヤル定期購入後すぐに解約できる?解約条件・解約方法とは?

このためはじめに取引したのと同じだけのドルを買い増します。ゴールデンウィーク包茎手術

それによって、平均の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで低くすることができる。エスケーツー 値段

すなわち、半分の幅でドル高が進めば、損を失くすことが出来ます。ビーグレンニキビ効果なし?トライアル体験中!【写真つき口コミ】

それが、ナンピンのやり方です。

こういうふうに、ナンピン買いのやり方を聞くと、「なるほど」という気分になるが、為替相場はそう簡単に思うようにはいきません。

最初から、1ドル=95円以下にならないとは、誰にも想像できません。

例として、外国為替市場が相当に強い円高傾向だったら、1ドル95円では下げ止まることなくよりドル安に進む確率はあります。

例として、97円50銭でナンピンをしたとしても、1ドル=95円まで円高が速んだらナンピンを入れたポジションも、マイナスが生まれることになってしまいます。

その状態では、初めに売買したドルと一緒に、損失が生じる事になります。

この例のように、ナンピンは一筋縄でいきません。

では、為替が己の台本とは逆に素早く行ってしまった場合、いかなる方法で危機を避ければいいのでしょうか。

この場合選べる選択肢は2つだけあります。

まずひとつめは覚悟を決めて、ポジションを閉じる事です。

もうひとつの手段としては、今、自分自身が保持している買いポジションを減らす事で改めて相場がリカバリするのをじっと待機する事だけです。

だいぶ控えめな術だとおっしゃる人もいるkもしれません。

だがしかし、自分が所有している買いポジションに為替差損が生まれた時一番リスクが低い対策はこれ以外にはありません。

なるほど、考え方としては、ナンピンするという手法もあると思います。

だけどナンピン買いは、自分自身が損をしている場面にもかかわらず買いポジションを減少させるどころか、遂にポジションを買い増していく考え方です。

この方法では、危険性をコントロールすることなど、どうやっても可能ではないと思うべきです。

ナンピンを続ける事ができればやがては勝てるかもしれない。

でも、そうなる先に資金は無くなってしまいます。