我が家では色々な野菜を作っていますが、毎年欠かさず作る野菜のひとつがズッキーニです。 ズッキーニのよさは、味が強くないので色々な料理に使えるところです。 ナスを料理する物と似た料理に使うと、とても美味しい料理が作れます。 ズッキーニは種から育てるのですが、沢山堆肥を入れた畑に、1メートル半位隔をあけて種を直蒔きしています。 これだけ間隔をあけるのはとても葉が大きく成長するからです。 最初に沢山堆肥を入れておけばその後追肥はしないでもけっこう沢山なります。 ちなみに土の上にマルチを敷く事をお勧めします。 成長しだしたら、花が咲いたあと実が大きくなっていきますよ。 実が付きだしたら三日であっという間に大きくなっていくので、小ぶりなうちに採りたかったら収穫できる頃になったら、毎日畑をチェックした方がいいです。 私は小ぶりなものはトマト煮にしたりして、大きくなってから収穫したものは、輪切りにしてオリーブオイルとニンニクで焼いて食べます。味付けはしょうゆにからしを溶いてそれをじゅわ〜っとかけまわしています。 味がシンプルなので何の味付けをしても合うので、とてもあつかいやすい野菜です。 夏の味として定番の野菜です。