便秘解消には食物繊維といわれていますが、食物繊維には2種類あり、摂り方を間違えると便秘を悪化させることがあります。 食物繊維には水溶性と不溶性があります。水溶性食物繊維は水分を吸ってゲル状になり、便に水分を与えます。柔らかい便を作るのに必要です。不溶性食物繊維は便のかさを増したり、腸を刺激して排泄を促す作用があります。 ストレスが原因の便秘は、腸を刺激する不溶性食物繊維を多くとると腸が痙攣して悪化することがあります。ストレスが原因の便秘には、水溶性を多く摂るようにしましょう。水溶性食物繊維は大麦や海藻に多く含まれています。 腸の働きが鈍って便秘になっている場合は、不溶性食物繊維を多く摂ります。不溶性食物繊維が鈍った腸を刺激して働きを活性化し、お通じを促します。不溶性食物繊維は野菜、果物、きのこ、豆類に多く含まれています。 間違った食物繊維の摂り方は便秘を悪化させます。便秘のタイプによって食物繊維の摂り方を変えましょう。