偏頭痛が発生しない様に予防する方法があります。 一つはライフスタイルの改善です。 偏頭痛には誘因が存在する事が一般的です。 症状の誘因を減少させる事によって偏頭痛を予防する事が出来ます。 ライフスタイルによる誘因には睡眠過多あるいは不足又は過度なストレスやアルコールの過剰摂取や同じ姿勢を長時間続ける事等があります。 一つは過剰な睡眠です。 偏頭痛時には適切な睡眠が効果的であるものの、睡眠が過剰である場合には逆効果になる事があります。 一つは騒音や匂い、過剰に明るい光等を避ける事です。 光や音が過剰に溢れている環境において偏頭痛が促進されるケースがあります。 又、温度差(気温差)にも注意する事がポイントです。 一つは食べ物です。 個人差がありますが特定の飲食物又は薬が偏頭痛の誘因になる事があります。 医療機関へ相談を行う事によって適切な処置を受ける事が出来ます。 偏頭痛を専門分野としている医療機関へ相談する事が望ましいです。